世界を掴んだディズニー・オフィシャル・アーティスト:カズ・オオモリの才能と信用―インタビュー




© 2017 So Mishima
© 2017 So Mishima

日本国在住ながら世界を股に掛けて活躍する日本人イラストレーター/グラフィックアーティスト/アートディレクターが存在する。そして、あの名高いアメリカ合衆国のThe Walt Disney Company(ウォルト・ディズニー・カンパニー)が認めたDisney Official Artist(ディズニー・オフィシャル・アーティスト)でもある。そのアーティストの名は、Kaz Oomori(カズ・オオモリ)。

以前にDisney映画『Moana』(邦題:モアナと伝説の海)アメリカ合衆国限定コレクティブル・チケットのアートワークや映画『Kong: Skull Island』(邦題:キングコング:髑髏島の巨神)のポスターアートを独占でご紹介させていただいたDisney Official Artist(ディズニー・オフィシャル・アーティスト)としても知られるイラストレーター/グラフィックアーティスト/アートディレクターのKaz Oomori(カズ・オオモリ)氏のインタビュー取材を行った。

Tune Grafik(チューン・グラフィック)、Poster Posse(ポスター・ポッセ)、Kaz Oomori(カズ・オオモリ)氏のご協力のもと、貴重な資料を交えてお送りする。

江渕良平: 子どもの頃はどんなお子さんでしたか。

Kaz Oomori: 三人兄弟の長男です。喘息持ちで体が弱かったので、あまり活発な方じゃなったんです。だから、ずっと家の中で絵を描いていましたね。体が弱かったので、母親に連れられて空手も習っていました。

江渕良平: 子どもの頃からもう絵を描かれていたんですね。

Kaz Oomori: 幼稚園生の頃にDisney映画『Pinocchio』(邦題:ピノキオ)を観て、多分他の人から見たら見れないレベルだったとは思うんですが、Pinocchio(ピノキオ)の絵を描いていました。それが絵を描くきっかけになりました。

江渕良平: いつ頃からイラストレーターやグラフィックアーティスト、アートディレクターになりたいと思うようになりましたか。
© 2017 So Mishima

Kaz Oomori: 絵を描くのが好きと同時に映画が大好きで、色んな洋画をたくさん観ていたんです。物心がついたときには、1975年公開の映画『Jaws』(邦題:ジョーズ)、Bruce Lee(ブルース・リー/李小龙)の1973年公開の映画『Enter the Dragon/龍爭虎鬥』(邦題:燃えよドラゴン)、もう少し年齢が上がると映画『Indiana Jones』(邦題:インディ・ジョーンズ)シリーズ、いわゆるGeorge Lucas(ジョージ・ルーカス)やSteven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)などに影響を受けていくんですが、当時の映画の広告やポスターはイラストレーションが多かったんです。ポスターを買ってというよりはパンフレットを買って、それをよく模写していました。いつか映画のポスターの仕事をやりたいというのが、小学生、中学生の頃からありました。

江渕良平: それはご家族がイラストレーションのお仕事をされていたからとかではないんですよね。

Kaz Oomori: ではないんです。私の実家は商売人で、大阪でジュエリーを販売しています。ジュエリーと言ってもすごくセレブリティという感じではなく、どちらかと言えば職人気質な感じです。父親がジュエリーのデザインをやって、それを職人さんにお任せして作ってもらうという感じです。その商品を家で写真撮影するので、トレーシングペーパーがセッティングされたブースがあるんです。そこでトレーシングペーパーに興味を持ちはじめました。トレーシングペーパーは自分の好きなキャラクターを写せるんですよね。それで模写をしたりというのが小学生、中学生の頃だったんです。

江渕良平: 小学生、中学生でというのはかなり早い時期ですね。

Kaz Oomori: 早かったのかもしれませんね。絵を描くことや映画が絡んで、映画のポスターをやりたいなと思うようになりましたね。

江渕良平: 高校時代、大学時代にはどんなことを学びましたか。

Kaz Oomori: 橿原学院高等学校美術科、そして、奈良芸術短期大学で、主にイラストレーションを学びました。大学時代、当時は、いまの奈良芸術短期大学と同じで少人数制だったので、先生に「先生、ちょっとこの顔が描けないんですが・・・」や「こういう絵のスタイルを描きたいんですが・・・」と質問を投げると「オオモリ、見とけよ!」と言って、目の前で描いてくれたんですよ。そういう環境で画材の使い方やデッサンなども学びました。

江渕良平: 大学卒業後にイラストスタジオに入社されたそうですが、キャリアのスタートはどんなお仕事でしたか。

Kaz Oomori: 最初は、イラストスタジオの近所に小さな商店があったんですが、その商店のチラシでした。その商店が、週末になると安売りをするんですよ。その安売り用のチラシの線画を描いていました。

江渕良平: いまは少なくなりましたが、昔はスーパーのチラシやポップは線画で描かれたものが多かったですよね。

Kaz Oomori: そうなんですよ。そういうモノクロのチラシをペンだけで線画で描くということをやっていました。それが一番最初の仕事でした。

江渕良平: 他にはどんなお仕事をされたんですか。

Kaz Oomori: 肌着メーカーの靴下のパッケージのイラストレーションでした。それも無個性が要求されますし、一色のペンの線画で靴下のシルエットを描くだけでした。いまのような感じではなく、注文通りに言われたことだけをやっていくという感じでしたね。

江渕良平: しばらくしてからアメリカ合衆国に行かれますよね。それはイラストスタジオを辞めてからですか。

Kaz Oomori: はい、辞めてからです。2年半ほどイラストスタジオでお世話になりました。当時そのイラストスタジオには4人のイラストレーターが在籍していて、リアル・タッチ、カートゥーン・タッチ、建築パース、色んなジャンルのイラストレーターがいました。僕はどちらかというとリアル・タッチが得意だったんです。当時、スーパー・リアル・イラストレーションというのがすごく流行っていて、セクシーロボットで知られる空山 基さんなどが代表的なイラストレーターとして有名でしたね。なので、僕はエアブラシを使ってリアルな絵を描くことが多かったです。

江渕良平: エアブラシも大学で学ばれたんですか。

Kaz Oomori: エアブラシは、大学でも少し学びましたが、高校生くらいのときに空山 基さんや山口晴海さんなどのエアブラシのイラストレーションが流行っていたので、親にお願いをしてエアブラシを買ってもらい、そのときからエアブラシを使い始めていました。なので、ほぼ独学です。

江渕良平: アメリカ合衆国に行くきっかけは何でしたか。

Kaz Oomori: イラストスタジオでお仕事をしていたときに、すごくたくさんお仕事があって、色んなオーダーを受けるので、無個性で仕事をこなしていたんです。ある時、代理店さんのお仕事をしたときに「そういえば、オオモリさんのオリジナルのスタイルは?」と言われたんですよ。そのときにハッ!ドキッ!としたんですよ。これはまずいなと思い、主にアメリカのエンターテイメントにすごく興味があって、以前から映画のポスターもやりたいと思っていたので、イラストスタジオを退職して挑戦してみようかなと思ったのがきっかけでした。

江渕良平: 言語はどうされたんですか。

Kaz Oomori: 全然できませんでした。アメリカに行く前に数ヶ月だけ英会話学校に通って学んで、英会話学校にもいきなりお仕事でというのは難しいと思うので語学留学をイメージして相談してみたんです。本当は、語学留学であればニューヨークやロサンゼルスなんですが、僕が通っていた英会話学校と繋がりがあった地域が、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスだったんです。僕が高校生のときから憧れていたグラフィックデザイナーCharles S. Anderson(チャールズ・S・アンダーソン)という方がいるんですが、全米のグラフィックアートやグラフィックデザインの領域では海外のコンペティションを総なめにしていました。ポスターアートではないですけど、Charles S. Anderson(チャールズ・S・アンダーソン)の作品にも憧れていたので色々調べてみると、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスをベースに活動されているアーティストだったんですよ。

江渕良平: それはたまたまですか。

Kaz Oomori: たまたまなんです。こういう格好良いデザインはどういうところで生まれてくるのかなという興味もあったので、是非ということでご紹介いただいて行ったのが、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスだったんです。

江渕良平: アメリカ合衆国では生活や仕事はどうされたんですか。

Kaz Oomori: 仕事は決まっていませんでした。語学留学するんですけど、本来の目的は語学留学が目的ではないので、広告代理店やデザインスタジオ、出版社を自分で調べて、慣れない英語でアポイントメントを取って、日本で作ってきたポートフォリオを見ていただきました。全然仕事がなくて・・・門前払いでしたよ。その後、ある方のご紹介で、The Minneapolis College of Art and Design, MCAD(ミネアポリス・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン)という大学があることを教えていただいて、その大学にエントリーしました。目的は、学生ではなく、仕事をすることが目的なので、まず大学に入るとそこの教授や講師と知り合えるのでは・・・と思って。そして、教授や講師にポートフォリオを見せたら「じゃうちに来ない?」というところに繋がって、在学しながら広告制作会社のデスクをお借りしてインハウスのイラストレーターをしました。

江渕良平: 日本国とアメリカ合衆国のアートやイラスト、お仕事の仕方の違いで何か感じることはありましたか。

Kaz Oomori: 僕がやっているのは、ファインアートではなく、グラフィックアートなので、イラストレーションというのはマーケティングありきのアートワークなのでクライアントワークですよね。日本で、クライアントワークで一度仕事をしていたというのが大きかったんですけど、まずリスペクトのされ方が全く違うんですよ。日本でお仕事をしていたときは悔しい思いをたくさんしました。関東だと出版の仕事が多く、イラストレーターも生活ができる環境があるんですが、関西は出版社がなく、その代わりに大手企業の本社があるので、広告の仕事が多いんです。そうなると、アートディレクターが有名なイラストレーションを持ってきて、例えば酷いのは右手を挙げているのがベースであれば、これを左手に変えたイラストレーションにしてほしいであるとか、顔の表情を変えたイラストレーションにしてほしいであるとか・・・これはオリジナルではなく、真似でしょ?という酷い仕事もたくさんありました。それはリスペクトどころか・・・。海外の仕事では、クライアントさんにとってこういうアートワークだったらベストなのかなというディレクションもやりながらイラストレーションを描いていくと、それを認めていただいて、それがリピートして・・・という感じになっていきます。それが日本とアメリカ、海外の違いだと思いますね。

この記事が気に入ったら
👍🏽いいね!を押してね!

Twitter を