映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本国公開が決定、史上最多の恐竜




©Universal Pictures
© Universal Pictures

映画『Jurassic World: Fallen Kingdom』(邦題:ジュラシック・ワールド/炎の王国)の日本国公開が決定、第1弾予告映像と主演を務める俳優のChris Pratt(クリス・プラット)の日本国独占メッセージ映像が公開された。

© Universal Pictures

映画『Jurassic World: Fallen Kingdom』(邦題:ジュラシック・ワールド/炎の王国)が、日本国では来年2018年7月13日(金曜日)より全国ロードショーで公開されることが決定。

映画界の巨匠・映画監督/プロデューサー/脚本家のSteven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)監督が恐竜に命をふきこみ、いままで誰も見たことがない夢のようなリアルでスリリングな映像に世界中の誰もが心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した映画『Jurassic Park』(ジュラシック・パーク)シリーズ。そして、2015年には、映画『Jurassic World』(邦題:ジュラシック・ワールド)として新たに登場し、全世界の興行収入は1,670,000,000ドルを突破、日本国でも年間興行収入9,500,000,000円となり、2015年度公開映画の年間興行収入は第1位となるメガヒットを記録した。

© Universal Pictures

1993年公開の映画『Jurassic Park』(ジュラシック・パーク)公開から25周年を迎える来年2018年に公開されるシリーズ最新作・映画『Jurassic World: Fallen Kingdom』(邦題:ジュラシック・ワールド/炎の王国)は、シリーズ前作・2015年公開の映画『Jurassic World』(邦題:ジュラシック・ワールド)で崩壊してしまったテーマパーク「Jurassic World」(ジュラシック・ワールド)があるイスラ・ヌブラル島の火山が噴火すると知り、人間は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け恐竜を救い出すかの究極の選択を迫られる。Chris Pratt(クリス・プラット)演じる恐竜行動学のエキスパートOwen Grady(オーウェン・グレイディ)は、女優/映画監督/プロデューサー/脚本家のBryce Dallas Howard(ブライス・ダラス・ハワード)演じるテーマパーク「Jurassic World」(ジュラシック・ワールド)の運営責任者だったClaire Dearing(クレア・ディアリング)と共に行動を起こすことを決意、イスラ・ヌブラル島に戻り、生き残りをかけた無謀かつ究極のアドベンチャーが幕を開ける。シリーズ前作・2015年公開の映画『Jurassic World』(邦題:ジュラシック・ワールド)に引き続き、主人公Owen Grady(オーウェン・グレイディ)を演じるのはChris Pratt(クリス・プラット)、テーマパーク「Jurassic World」(ジュラシック・ワールド)の運営責任者だったClaire Dearing(クレア・ディアリング)を演じるのはBryce Dallas Howard(ブライス・ダラス・ハワード)。シリーズ前作・2015年公開の映画『Jurassic World』(邦題:ジュラシック・ワールド)の監督を務め、映画『Jurassic World: Fallen Kingdom』(邦題:ジュラシック・ワールド/炎の王国)では製作総指揮・脚本を務める映画監督/脚本家のColin Trevorrow(コリン・トレボロウ)監督と製作総指揮を務めるSteven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)監督が作品をいままで以上に進化させる。

今回公開された第1弾予告映像では、俳優のJeff Goldblum(ジェフ・ゴールドブラム)演じるDr. Ian Malcolm(イアン・マルコム博士)がカムバックしているほか、火山の噴火と同時に暴れ逃げ惑う恐竜たちの様子が映し出されている。映画『Jurassic World: Fallen Kingdom』(邦題:ジュラシック・ワールド/炎の王国)に登場する恐竜は、シリーズ至上最多の数となり、シリーズ前作・2015年公開の映画『Jurassic World』(邦題:ジュラシック・ワールド)にも登場しなかった恐竜も多数登場する。

また、主人公Owen Grady(オーウェン・グレイディ)を演じるChris Pratt(クリス・プラット)が日本国のファンに向けた日本国独占メッセージ映像も公開され、映画『Jurassic World: Fallen Kingdom』(邦題:ジュラシック・ワールド/炎の王国)への自信をのぞかせている。

史上最多の数の恐竜たちがかつてないほど凶暴に縦横無尽に暴れ回り、全てにおいて究極の進化を遂げる―映画『Jurassic World: Fallen Kingdom』(邦題:ジュラシック・ワールド/炎の王国)は、来年2018年7月13日(金曜日)より全国ロードショーで公開される。尚、今日2017年12月12日(火曜日)より先着2500個限定のシリーズ25周年記念特製ピンバッジが特典として付いてくるムビチケオンライン券の発売がスタートしている。

作品情報
Jurassic World: Fallen Kingdom
ジュラシック・ワールド/炎の王国

ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとティラノサウルス・レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に行動を起こす事を決意、島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!

  • 公開: 2018年7月13日(金曜日) 全国超拡大ロードショー
  • 製作総指揮: Steven Spielberg(スティーヴン・スピルバーグ)、Colin Trevorrow(コリン・トレボロウ)
  • 製作: Frank Marshall(フランク・マーシャル)、Patrick Crowley(パトリック・クローリー)、Belén Atienza(ベレン・アティエンサ)
  • キャラクター原案: Michael Crichton(マイケル・クライトン)
  • 脚本: Derek Connolly(デレク・コノリー)、Colin Trevorrow(コリン・トレボロウ)
  • 監督: J. A. Bayona(J・A・バヨナ)
  • 出演: Chris Pratt(クリス・プラット)、Bryce Dallas Howard(ブライス・ダラス・ハワード)、B. D. Wong(B・D・ウォン)、James Cromwell(ジェームズ・クロムウェル)、Ted Levine(テッド・レヴィン)、Justice Smith(ジャスティス・スミス)、Geraldine Chaplin(ジェラルディン・チャップリン)、Daniella Pineda(ダニエラ・ピネダ)、Toby Jones(トビー・ジョーンズ)、Rafe Spall(レイフ・スポール)、Jeff Goldblum(ジェフ・ゴールドブラム)、ほか
  • 配給: 東宝東和

Jurassic World: Fallen Kingdom
ジュラシック・ワールド/炎の王国
http://www.jurassicworld.jp

© Universal Pictures

この記事が気に入ったら
👍🏽いいね!を押してね!

Twitter を